放射線科

X線撮影装置・X線透視装置・コンピュータ断層撮影装置(CT)・磁気共鳴画像装置(MRI)などを使用して診断に必要な画像情報を提供しております。

X線撮影装置

X線を利用して胸部、腹部、体の骨格部といった場所のレントゲン写真を撮ります。

X線透視装置

X線を利用してリアルタイムに体の内部を透視することができます。
主に脱臼後の整復や手指などの骨折部を固定するためのピンニング、胃のバリウム検査などに使用します。

コンピュータ断層撮影装置(CT)

X線を出す管球とその情報を受け取る検出器が対になっており、体の周りを回転することで
体内の画像情報を得ることができます。当院ではMDCTを導入しており、従来の装置に比べ、
短時間で広範囲かつ細部に亘る検査を行うことができます。

磁気共鳴画像装置(MRI)

磁石の力および性質を利用して体内の画像情報を得ることができます。当院では1.5T高磁場MRI装置を導入しており、
より詳細な検査を行うことが可能になりました。

ページトップへ

RELATION関連併設事業所